必見!ディスポーザーの国内6メーカーを徹底比較!製品認証品のおすすめは?

ディスポーザー

首都圏のマンションを中心に、備え付けの設備として導入されているディスポーザー

使える設備ランキングでは常に上位にランクイン。ユーザーの満足度が高く人気の設備の一つとなっています。

もし備え付けのディスポーザーを交換する場合、どの製品に交換しても良いのでしょうか?

答えは No です!※条例では

今回は交換に対応した製品(製品認証品)と、それぞれの製品の特徴について詳しく説明していきたいと思います。

※製品の比較のみ知りたい方は、下記目次より 4-2.機能・性能の比較 をクリックしてください。

はじめに

1996年にディスポーザー排水処理システムが構築されて以降、首都圏を中心にディスポーザー付マンションが普及しはじめました。1996年~2020年の出荷台数は累計70万台以上。現在は交換需要を含めると年間6万台以上が出荷されています。

当初はディスポーザー交換の際は、既設と同一製品への交換というルールがありましたが、既に倒産や事業撤退したメーカーもあります。交換品を既設と同一製品に限定することは事実上不可能となりました。2018年4月より東京都では条例が改正され、ディスポーザー交換の際は、(公社)日本下水道協会の製品認証品であれば、届出不要ユーザーが自由に製品を選ぶことができるようになりました。(ディスポーザーの交換自由化)

条例改正前:ディスポーザー交換の際は、既設と同一製品、または既設と同一メーカーの後継製品に限る。(交換製品が限定される)

条例改正後:ディスポーザー交換の際は、(公社)日本下水道協会の製品認証品であれば製品は問わない。(交換製品が限定されない)

※東京都以外についてはお住まいの下水道局にご確認ください。

ディスポーザーの交換自由化に伴い製品認証を取得している6メーカーの製品について徹底解説していきたいと思います。交換をご検討されている方は是非とも参考にしてみてください。

製品認証品とは?

そもそも製品認証品とは何なのか・・??

現在の日本では、ほとんどの地域でディスポーザーの単独使用(下水道直接放流)は認められていません。ディスポーザー付マンションには、ディスポーザー排水処理システムとして導入されています。

ディスポーザー排水処理システムのイメージ図

ディスポーザー + 専用排水管 + 処理槽ディスポーザー排水処理システム

ディスポーザーで砕いた生ごみ(キッチン排水)は専用排水管処理槽へ送られ、処理槽で微生物分解(バイオ処理)されて、浄化された水が、公共下水に流れる仕組みとなっています。

ディスポーザーを他の製品に交換する場合は、ディスポーザー交換後も処理槽を含めたシステムとして性能が維持(担保)されるかが重要となってきます。

(公社)日本下水道協会のディスポーザーの規格には、①規格適合評価、②製品認証の2つの規格があります。(実にややこしい!)

超ざっくりと説明するなら、

規格適合評価性能に関する規格となり、大前提として破砕粒子などの性能試験に合格しないと取得することができません。

製品認証品質に関する規格となり、大前提として①規格適合評価を取得していないと取得することができません。

すなわち②の製品認証を取得した製品(製品認証品)は、性能、品質において、一定の水準をクリアした製品となります。ディスポーザー交換の際は、ディスポーザーと処理槽を切り離して考え、製品認証を取得したディスポーザーと、製品認証を取得した処理槽の組み合わせなら、システムとしての性能も担保される。という考えとなります。従って、交換の際の製品は製品認証品である必要があるのです。

製品認証を取得しているのは6メーカー

2020年の時点で、(公社)日本下水道協会の規格適合評価、製品認証を取得しているのは国内6メーカーとなっています。各メーカーについて簡単に説明していきます。※YouTube動画もご参考に。

テラル

ポンプや送風機でも有名なメーカー。2019年度のディスポーザーの出荷台数は国内No.1。主力機種のDSP-100H、上位機種のDSP-250HDは、本体(破砕部)はフロム工業設計、フランジ周りはテラル設計。フロム工業で製造されてテラル製品として出荷されている。

運転状況

便利なディスポーザー生ゴミ粉砕機

リクシル

住宅機器設備の大手メーカー。本体(破砕部)は海外のアナハイム社から供給されている。主力機種のランドミル、上位機種のミニポの2機種を展開。ミニポはデザイン性に優れ、運転状況を投入口のランプの色でお知らせ。

運転状況(ランドミル)

ディスポーザーの威力

運転状況(ミニポ:投入口のランプにも注目)

ディスポーザー

安永クリーンテック

自動車メーカーのエンジン基幹部品も製造しているメーカー。低騒音、低振動を特徴としている。既に事業撤退したTOTO社製品の交換機種としても推奨されている。標準機種のYD-200BWP、スリム機種のYD-130BWを展開。累計17万台以上の出荷実績を誇る。

運転状況

ディスポーザーの使い方 メーカーはヤスナガ

パナソニック

住宅機器設備、家電の大手メーカー。破砕方式はチェーンミルを採用。一般的なハンマーミルと比べて破砕性能は劣るが、噛みこみが起こりにくい製品となっている。現行機種はKD-133。2030年を以てディスポーザー事業からの撤退を表明している。

マックス

文具や浴室乾燥機でも有名なメーカー。破砕方式はブレードミルを採用。一般的なハンマーミルと比べて破砕性能は劣るが、破砕部を丸ごと取外しできる唯一の製品。隅々までお手入れしたい方には向いているが、ズボラな方にはお手入れすることがストレスになることも。現行機種はGD-B182

使い方・お手入れ方法(破砕部丸洗い構造)

【手動給水タイプの使い方】GD-B182M-1シリーズ 洗えるディスポーザシステム【マックス公式】

グレープフルーツの皮を処理(旧機種:GD-B181)

グレープフルーツをディスポーザーに入れてみた

バナナの皮を処理(旧機種:GD-B181)

バナナの皮をディスポーザーに入れてみた。

スイカの皮を処理(旧機種:GD-B181)

スイカの皮をディスポーザーに入れてみた

フロム工業

ディスポーザーがアメリカから輸入販売開始された1960年頃からの技術を引き継ぐ日本で唯一のディスポーザー専業メーカー。業務用、船舶用ともに国内No.1のシェア。破砕部の構造、自動洗浄機能、知能プログラム運転など多くの特許を保有。高い技術力が認められOEMメーカー(積水化学、TOTO補修用、テラル)として累計20万台以上の製造実績。2012年よりフロム工業のオリジナル製品を発売開始。マンションの交換用をターゲットに高機能、高性能ディスポーザーを提供している。大容量モデルYS-8100コンパクトモデルYS-7000Lが主力。枝豆の莢、玉ねぎの薄皮などの繊維質の投入もOKとしている唯一のメーカー。

>>フロム工業製に交換した方の感想(Amazonレビュー)

日本のディスポーザーの歴史を牽引してきたのがフロム工業

【CHANGE YOUR LIFE】2020年8月2日放送「生ごみ処理の手間を変えた!“粉砕し配管へ流す”ディスポーザー」

枝豆の莢を処理・自動洗浄機能

ディスポーザー 粉砕動画 強力粉砕 枝豆の莢 説明付き フロム工業製

玉ねぎの薄皮を処理

ディスポーザーで玉ねぎの薄皮を処理してみました

スイカの皮など多量の生ごみを処理

ディスポーザーでスイカの皮、魚の骨などを処理してみました

枝豆の莢、配管搬送試験(フロム工業製は詰まり知らず?)

ディスポーザー 排水配管搬送試験 枝豆の莢

製品比較

フタスイッチ、破砕部の比較

フタスイッチの形状や、破砕方式はメーカーによって様々。それぞれの特徴を説明していきます。

【テラル】

フタスイッチOFF時には投入口との隙間が大きく、ON時には隙間が閉じる構造にすることで運転中の音が外部に漏れないように工夫されている。破砕方式はハンマーミルを採用。ハンマー、固定刃ともに鋳造で作られている。固定刃の刃溝は60ヶ所。※破砕部の構造はフロム工業の設計。

【リクシル】

フタスイッチは薄型形状。破砕方式はハンマーミルを採用。ハンマー、固定刃ともにコスト重視でステンレス一枚からできているため軽量で形状も制限される。同じハンマーミルでも、鋳造のハンマー、固定刃と比べると破砕性能は劣る。※本体(破砕部)は海外のアナハイム社から供給されている。

【安永クリーンテック】

フタスイッチOFF時には投入口との隙間が大きく、ON時には隙間が閉じる構造にすることで運転中の音が外部に漏れないように工夫されている。破砕方式はハンマーミルを採用。ハンマー、固定刃ともに鋳造で作られている。固定刃の刃溝は60ヶ所。(YD-200BWP)

【パナソニック】

フタスイッチOFF時には投入口との隙間が大きく、ON時には隙間が閉じる構造にすることで運転中の音が外部に漏れないように工夫されている。破砕方式はチェーンミルを採用。ハンマーミルと比べて破砕性能は劣るが、噛みこみなどのトラブルは起こりにくくなるメリットがある。

【マックス】

14.5cmの大きめの投入口を採用。(他メーカーは約10cmが主流)当然フタスイッチも他メーカーと比べると大きなサイズとなる。破砕方式はブレードミルを採用。ハンマーミルと比べて破砕性能は劣るが、破砕部を丸ごと取り外すことができるので隅々までお手入れすることができるメリットである一方で、構造上お手入れしないと清潔に保てないというデメリットでもある。破砕部が取外しできる唯一の製品。破砕部を取外した状態だと、本体排出口に直接アクセスすることができるため、異物や破砕前の生ごみが直接排出口に入らないように注意する必要もある。

【フロム工業】

排水性能に優れたフタスイッチ。中央凹部の側面に大きな開口。フタをセットした状態でも米粒程度の小さな生ごみは粉砕室内に流れるため、食器洗い時の運転との相性が良く使い勝手重視の設計。フタの開口が大きな弊害として運転開始時の騒音が他社よりも少し大きめ(粉砕室内の音がフタの開口から外部に漏れる為)となる。破砕方式はハンマーミルを採用。ハンマー、固定刃ともに鋳造で作られている。固定刃の刃溝は70ヶ所でスキュー(斜め)形状、ハンマーは遠心力アップ形状と工夫がされている。これにより高い破砕性能を実現。枝豆の莢や玉ねぎの薄皮などの繊維質の処理を可能とした。

機能・性能の比較

各メーカーの代表的な製品の機能、性能についての比較です。投入可能物については各社の取扱説明書を参考にしています。

さいごに

ディスポーザーは製品によって機能、性能に大きな差があります。その他にも詰まりの発生率が高い製品や、スプーンを誤って投入した状態で運転した場合、ターンテーブルとフタの下でつっかえ棒のようになりフタが回らなくなり分解(有償修理)が必要となる製品、本体接続部のゴムジョイントが破れやすい製品もあります。

今お使いの製品に特に不満を感じていないなら交換の際も、使い慣れた既設製品(または後継製品)を選ぶのが無難な選択かもしれません。

もし今お使いの製品に少しでも不満があるなら、他の製品に交換することで不満が解消され、ディスポーザーがもっと便利なものに感じることができるかもしれません。

この先10年以上は使う製品だからこそ、交換の際の製品選びは是非とも慎重に選定していただくことをおすすめします!

最近ではディスポーザーの単独使用(下水道直接放流)を許可する自治体も増えてきています。単独使用が許可された自治体においても製品認証品の中から製品を選ぶ傾向になってきていますので、ディスポーザーの単独使用が許可されている戸建ての方にも製品選びの参考にしていただければ幸いです。

※本記事についてご不明な点がございましたら、mr_blperson@yahoo.co.jpまでご連絡ください。

>>こちらのサイトも参考になりそうです。

戸建てでもディスポーザーが使いたい!生ゴミからの解放!
家を新築するにあたって、ぜひともつけたい設備の一つが『ディスポーザー』でした。戸建てでのディスポーザー設置は可能なのか。ディスポーザーにはどんな種類があるのか。ディスポーザーのメリットとデメリット、注意点、各メーカーの特徴と徹底比較です!デ

コメント

タイトルとURLをコピーしました