太陽光発電の屋根貸しサービス【ほっとでんき】を断った理由

太陽光発電

今回は太陽光発電の屋根貸しサービスの「ほっとでんき」について実際の体験をもとに紹介していきたいと思います。検討されている方の少しでも参考になれば幸いです。

はじめに

2020年8月のとある日、自宅に太陽光発電の営業の電話がかかってきました。

電話元は、東京電力グループのTRENDEという会社からでほっとでんきという太陽光発電の屋根貸しのサービスについての案内でした。

サービスの種類としては契約期間が10年の「ほっと10」、契約期間が20年の「ほっと20」の2種類。

参照元:ほっとでんき https://hotdenki.jp/

サービス内容の要点としては

  • 家の屋根を10年(20年)貸して太陽光発電をする。
  • 太陽光発電システムの設置費用は無料。
  • 契約期間中10年(20年)の売電収入はもらうことができない。
  • その代わりに契約期間中10年(20年)は電気代が10%(20%)安くなる。
  • 契約期間終了後は太陽光発電システムを譲り受けることができる。

というものでした。

2020年現在の売電価格は21円/kWhですが、10年後に譲り受けた時の売電収入は期待できません。(発電分すべてを自家消費分に充てるなら蓄電池の購入が別途必要となります。)

10年後のことはとりあえず考えずに目先のメリットとしては電気代が安くなるという点。

とりあえず電気代が安くなるのなら話だけでも聞いてみようと思い、説明員の方に直接会って話を聞いてみることにしました。

説明員から聞いたこと

このサービスを受けるには、屋根の条件(向きやソーラーパネルを載せるスペースがあるか)、家が古くないかなど条件を満たす必要があるとのことでした。(我が家の場合は特に問題はなさそうでした。)

そして次の条件として、

電気の料金プランを東京電力の従量電灯Bに変更する必要がある

ということでした。売電する電気を東京電力で管理する必要があるからだと思います。

この従量電灯Bの料金プランで計算した金額から、10年契約の場合は電気代が10%、20年契約の場合は20%割引になるという仕組みだそうです。

その時はよくわからなかったので次回打ち合わせの仮予約だけしてその日は終了となりました。

電気の料金プランについて

さっそく説明員に聞いた内容を元に現在の料金プラン契約した場合の料金プランについて調べてみました。基本的には電気の料金プランは①使用料金と②基本料金から構成されています。

※細かく言うと燃焼費調整額再エネ賦課金もありますが今回は簡略化するために省略しています。

電化でナイトセレクト22(九州電力)

現在契約しているのがこの料金プラン。

使用する時間帯によって電気代が異なり夜間の電気代が安いのが特徴

※オール電化の家庭の場合は、ほぼこの料金プラン。(我が家もオール電化)

電化でナイトセレクト22(九州電力)

①使用料金(1kWh当り)

②基本料金

従量電灯B(東京電力)

ほっとでんきを契約した場合はこの料金プランへ変更となります。

電気の使用量に応じて電気代が3段階に分けて高くなっていくのが特徴

※この従量電灯は最も契約されているスタンダードな料金プラン。オール電化の家庭でない場合は、この料金プランの可能性が高い。

従量電灯B(東京電力)

①使用料金(1kWh当り)

②基本料金

2つの料金プランで電気代を比較検証

2020年8月分の明細書を元にそれぞれの料金プランで計算してみました。(電気使用量は519kWh

電化でナイトセレクト22の場合(現在のプラン)

12,033円

従量電灯Bの場合(契約後のプラン)

14,993円

結果として契約して料金プランが変更になると、

現在よりも約25%、3,000円ほど月の電気代が高くなる

ことが判明。(割引適用前)

「ほっと10」を契約して10%割引されたとしても

割引適用後でも現在よりも1,500円ほど月の電気代が高くなる

10年間で18万円も電気代を多く払う

ことになります。太陽光発電を自己負担で設置する場合は2020年の相場として30万円/kWh程度。5kWh設置するなら30万円×5kWh=150万円必要となります。人によっては、設置費用の150万円がタダになるのなら18万円手出ししても十分お得だという考えもあると思いますが、私にはその考えはありませんでした・・。

10年後に太陽光発電システムをもらうために、

10年間電気代を多く払うなんて気分的にビミョーです。

自己負担で設置して10年間の売電収入で設置費が回収できるなら

その方がお得ね。
※回収できるか否かはシミュレーションで確認してみよう。

今回の体験をもとに、屋根貸しのほっとでんきではなく自己負担で設置することも検討してみたいと思いました。

さいごに

私の場合は目先の電気代の割引にメリットがなかった(結果として高くなる)ので今回は見送りとしましたが、

  • 電気代の割引でメリットがある方
  • 太陽光発電したいけど設置費用(初期費用)を負担したくない方

にはほっとでんきは魅力的なサービスだと思います。

ほっとでんきの詳細について知りたい方は下記の公式HPで確認していただきますようお願いします。

太陽光発電システムを0円設置
電気料金が最大で20%オフ!しかも太陽光発電システムが無料で設置できます。「ほっとでんき」は電気代と環境を応援していきます。

自己負担で太陽光発電システムを設置する場合は、ソーラーパートナーズに依頼するのが良さそうです。地域の優良企業を複数紹介してくれるので、結果として安心できる企業で、費用も安く設置することができそうです。

家庭用 地元で最も評判の太陽光業者を紹介 NHK出演の見積サイト【ソーラーパートナーズ】
太陽光発電と蓄電池の比較・見積サイト ソーラーパートナーズ

本記事についてご不明な点がございましたら、mr_blperson@yahoo.co.jpまでご連絡ください。

タイトルとURLをコピーしました